中野:蕎麦切り屋(十割手打ち蕎麦)

「どっかに美味しい蕎麦屋ないかなぁ」

目白通りから分岐する新青梅街道で西落合~鷺ノ宮の間ぐらいで美味しい蕎麦屋を探していました。
そりゃお金を出せばありますよ、「じゅうさん」とか「玄蕎麦野中」とか。
でもちょっとお高いんですよねぇ。

そこでネットとにらめっこして見つけたのがこちらのお店です。



自宅から歩くにはちょっと気合がいるぐらいの距離。
こんなところに手打ちの十割蕎麦があるなんて驚き!

2017-04-19_11-40-48_019.jpg


昔からある超地味で小さなスーパー(一応サミットなんだけど^^;)の近くですが、西武新宿線、池袋線どちらからも遠い場所です。

以前は東長崎で知る人ぞ知る人気のお店だったようですが、建物がボロボロだったらしく、こちらに移転してきたようです。

2017-04-19_11-44-07_614.jpg


もりそば750円から。

「東長崎のときは650円でやってたんだけど、こっちのほうが家賃が高いんでね」

とのこと。

オーダーしたのは日替り?
ほぼ毎日ありそうな天ぷらの盛合せと蕎麦のセット(1500円)にしました。

まずは天ぷらから。

2017-04-19_12-10-55_283.jpg


揚げたての天ぷらは軽くてサクサク、非常に美味しかったです。
この天ぷらのレベルからも蕎麦の期待が高まります。
そして蕎麦。

2017-04-19_12-13-29_620.jpg


「うちのつゆは濃いんでちょっとだけ浸けて食べて下さい」

2017-04-19_12-13-45_565.jpg


確かに濃い、というか醤油がたった辛めの味付けになっています。
ここに蕎麦をドボッと浸けたらそりゃしょっぱそう。
最近は甘いつゆを出すところが多いのですが、私はこっちのほうが圧倒的に好きですね。

2017-04-19_12-13-37_126.jpg


蕎麦は田舎そばでした。
とは言え、普通の田舎そばの半分ぐらいの太さ。
十割でこのコシ、店主の腕ですね。

さすがにこれでは足りないので普通のせいろも追加してみました。
めんつゆ不要なら600円とのこと。

2017-04-19_12-23-10_084.jpg


当然のこと、こっちのほうが細いです。
こっちも十割ですが、ボソボソになることなく、しっかりコシもあります。
この店主、やるな。

いやぁ、美味しかったです。
ただお値段はやっぱりそこそこいってしまいますね。
普段はこの半額以下でゆで太郎や小諸そばになりそうです。


手打ちそばの作り方 (Do楽Books)

日東書院本社
売り上げランキング: 122,822

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック