早くも2回目の再訪「松月」

先週の初訪問がかなりヒット!
この西武池袋線沿線の町中華はラーメン350円がデフォなの?(いや、そんなことはない)
早速翌週も行ってしまいました。

2018-08-22_11-49-25_011.jpg


今回はネットで評判のアレと私の王道のあれをオーダーしてみました。

2018-08-29_11-53-59_283.jpg


チャーシュー麺と餃子です。
これでも1000円でお釣りが来るとは、、、。
餃子350円は価格破壊の進んだ現代においては多少高くすら見えてしまいますが、、、満州や王将が異常なだけ。普通ですよね。それよりもチャーシュー麺が600円って、、、。

2018-08-29_11-54-16_229.jpg


チャーシューだって立派なものが5枚も入っているんですよ。やっぱり値付けがおかしい。
スープーは先週のワンタンで確認済み、昭和の東京のスープで麺は細麺でした。
600円なら何の文句もありません!

2018-08-29_11-56-40_298.jpg


餃子は町中華では珍しい私好みの薄皮でした。ただ、薄い割には驚異の粘り腰、しっかりコシがありました。
餡はしっかり味がついておりタレ無しでもイケますね。
宇都宮餃子みんみん、正嗣派の私の好みとはちょっと違いますが厚皮じゃない時点でOKです。

いやぁ、こりゃまだまだワクワクしながら通えますね。

この記事へのコメント