2017年04月10日

江古田:なかやかば焼店(鰻)

リハビリ週間中の新規開拓。
この際だから奮発したいと思っていたところに前日夜にTVで見かけた「鰻」。
完全にスイッチが入ってしまいました。

ただ、この辺りで鰻ねぇ。
谷原のうなぎん?う〜ん、違うなぁ。
ということでサクッと調べて見つけたのがこちら。



この辺りって税務署に用事があるときぐらい、数年に1回しか行かないんですよねぇ。

2017-03-22_12-09-24_729.jpg


最近リニューアルしたらしく、外観/内装ともにキレイですね。

メニューは昼も夜も同じみたいです。

2017-03-22_12-53-35_617.jpg


値段的に大ぶりな鰻は期待できませんが、この値段なら「特上」ですね!

、、、、、いやぁ、待ちました。
新規の客は私だけだったのに注文してから出てくるまでに約30分。
逆に言えば手抜きなく蒸す焼くをちゃんとやってくれているのでしょう。
待つ時間と比例して期待もどんどん膨らみます。

2017-03-22_12-39-13_051.jpg


そして出てきたのがコレ。

2017-03-22_12-41-19_905.jpg


さすがにお重に溢れんばかり、ではありませんが、ちゃんと丸々1尾入っています。
見た目はちょっと小さいとも思えるサイズですが、結構な肉厚。

適当に蒸したものではなくちゃんと考えられていますね。
フニャフニャとはまるで違う、それなりの歯応えが残っていました。
タレも変にドロッと粘りのあるものではなく、サラッとあっさりに仕上げられています。

美味い!
この値段、決して安いとは言い難いですが、今は無駄に高いものもたくさんあります。
それらに比べれば良心的かと。

毎週通うというわけにはいきませんが、節目節目で行きたいお店になりました。


ギフト うなぎグルメギフト 国産鰻(うなぎ)蒲焼 3枚セット
浜名湖 うなぎのたなか ▼
売り上げランキング: 3,114

posted by まるし at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

練馬春日町:みやもとファーム麦ノ家

今週中旬からちょっとした理由からガテン系の仕事を休んでいます。
んっ?ちょっとした理由?
、、、、ギックリ腰です。(^^);

3、4か月に1回ぐらいのタイミングでやってしまうこれ。
たぶん昔から筋肉の使い方のバランスが悪いんでしょうねぇ。
ピリッと走る電気の大小に関わらず、電気が流れたら最後、最低1週間は使いものになりません。orz

仕方なくデスクワーク?
いや、オフィスでボケーっとしているだけなのですが、何もしていなくても腹時計は作動してしまいます。
ということで、地元にいる間に近隣のお店の開拓です。

今回はこちら。



昨年一昨年と寒い時期に鍋焼きうどんを食べに行っていたお店です。
もう鍋焼きって感じじゃありませんが、逆に冷たいうどんが食べたくなり行ってみました。

2017-02-19_12-21-26_115.jpg


ランチ限定っぽいメニューもありますが、通常メニューもあります。

2017-03-21_12-13-35_292.jpg


2017-03-21_12-12-15_298.jpg


2017-03-21_12-12-23_538.jpg


今回は冷たいうどんんを食べる気満々だったため「きのこ汁うどん」を。
ただ、それだけでは寂しい。
やっぱりここに来たなら「糧」も。

2017-03-21_12-19-56_446.jpg


単なるおひたしですが、そこそこ量もあります。
このままつけ汁にぶち込むもよし、醤油と唐辛子をかけてお新香のように食べるもよし、です。

2017-03-21_12-19-12_247.jpg


つけ汁は温かいんですね。

2017-03-21_12-19-24_122.jpg


超具だくさん!
つけ汁は甘さ強め塩気も強めですね。
好きです、この味。

2017-03-21_12-19-19_585.jpg


グレーがかった麺は武蔵野うどんの極太ゴワゴワよりはかなりマイルド。
柔らかいって感じではありませんが、ガシガシでもなく(そこそこ)食べやすいです。

正直、今まで鍋焼きうどん以外に興味はなかったのですが、これはこれでアリですね。



posted by まるし at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

中村橋:蕎〇(蕎麦)

この日は天気が微妙でガテン系をお休みしました。
でも、休んだときに限って降らないんですよねぇ。
逆に「イケる!」と思って出ると降ってくるみたいな、、、、。

ということで近所でのランチタイム。
散歩がてら徒歩でちょっと遠征して向かった先は、、、、

2017-03-15_12-26-11_698.jpg


やってないんか〜い。orz

仕方ない、さらに足を延ばしてこちらまで行って来ました。



2016-04-29_044648063_110D1_iOS.jpg


(ちょっと陽が出てるしぃ)
手打ち蕎麦のお店です。

2016-04-29_044825840_DDD77_iOS.jpg


せいろが700円から。
まあ、こんなもんですかね〜。

ただ、どうせ1枚じゃ足りないでしょうからそれなりのお値段になってしまいます。
そこで

2016-04-29_044845888_42F9E_iOS.jpg


ランチは格安レベルですね。
絶対に足りないでしょうから蕎麦は大盛で。

2016-04-29_045930411_088BB_iOS.jpg


大盛でこんなもんなので、やっぱり普通盛じゃ足りなかったでしょうね。

最近食べた中では一番細いタイプ。

2016-04-29_045938250_59A12_iOS.jpg


美味しいんですけどちょっと小麦粉の香りが残ります。
水で締めるのが弱いのかな?

また、大盛にしてもめんつゆは少量、なのでべチャッと漬けるのはご法度です。
慎重に食べすすめないと蕎麦湯までたどり着けません。

2016-04-29_045934748_5D865_iOS.jpg


竹の子ご飯ってこーゆーのかぁ。
まあおまけみたいなもんですからね、こんなもんでしょう。

蕎麦も美味しいし悪くはない、でもなんかCP的にもうひとつ何かが欲しいんですよぇ。
めんつゆ1.5倍だけでもかなり印象が変わると思うのですが、、、、。



posted by まるし at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

中村橋:玄蕎麦野中(蕎麦)

食べログの有名人やグルメ芸人も絶賛するこちらのお店。



えらい不便なところにあるにも関わらず、ランチタイムには行列すらできる人気店。
その人気の秘密はやはり味なんでしょうね。

2017-03-02_11-33-27_753.jpg


立ち食いの大手チェーン店に慣れてしまうと、その値段にちょっとビビりますが(^^); ちゃんとした蕎麦屋なら普通の値段、こだわりと味が人気の蕎麦屋となると逆にリーズナブルと感じてしまうかも知れません。

2017-03-02_11-03-07_517.jpg


2017-03-02_11-07-49_531.jpg


その中でも一番は10食限定のこちら。

2017-03-02_11-03-32_307.jpg


とてもメルヘンチックな名前ですが、カタカナのアリスではなく漢字の「蟻巣」。
蟻巣石の石臼で挽かれた十割蕎麦にヒゲタ醤油の特別醸造。
これにありつくためには12時じゃ遅い?
私は開店前に1番で並んでいたのでもちろんオーダーできましたが。(^^);

2017-03-02_11-09-51_149.jpg


ちょっと緑がかった特徴的な蕎麦。
十割ということですが、ざらついた感じもなくコシもちゃんとあります。
そして蕎麦の香りが芳醇。
これは美味しいですね。

2017-03-02_11-15-00_489.jpg


ただ、やっぱりもり1枚では物足りません。
ということで普通のせいろも、のつもりがそれすら物足りないかも?と思ってかき揚げ天せいろに変更。

2017-03-02_11-18-28_731.jpg


思っていたかき揚げとはまるで違うものが出てきました。
底に小エビが3、4本入ったお上品なもの。
油のくどさがなくサクッ、でホロホロ。

こちらの蕎麦も緑がかっていました。
こっちは二八なのかな?
普通に十分美味しいです。

さらに、、、

2017-03-02_11-15-31_965.jpg


甘味もあるならそれも試さないと!
やっぱり高級店の部類に入るので滅多に食べられないんでね。

で、オーダーしたのが

2017-03-02_11-29-02_429.jpg


大人のソフトクリーム。
何が大人かと言うと、リキュールがかかっているからでした。
ただ、ソフトクリームそのものは普通でした。(^^);


霧下そば粉【田舎粉 GSTI】1kg 殻入り石臼挽き 特選田舎粉
霧下そば本家
売り上げランキング: 86,772

posted by まるし at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

リニューアルしたかっぱ寿司に潜入

ロゴを変更してまでリニューアルにこだわったかっぱ寿司。

96958A9E93819688E0EB9A9A838DE0EBE2EBE0E2E3E4E2E2E2E2E2E2-DSXMZO0777946029092016I00002-PN1-12.jpg


リニューアル前と言えば、安かろう悪かろうのイメージ。
ファミリー向け回転ずしの老舗ではありますが、今となってはスシローやくら寿司、そして新参のはま寿司などに押されて大苦戦していたことは想像に難しくありません。

そんなかっぱ寿司がかっぱのロゴを捨ててまで勝負した!ということなので、近所のお店に行ってみました。

IMG_4204.JPG


ここはまだかっぱが健在ですね。
健在どころか、お皿を重ねた新ロゴが見当たりません。
まあ、いいや。

行ったのは平日の夕方でしたが、そこそこお客は入っていました。
これがリニューアル効果なのか?以前からそうなのかは知りませんが、、、。

IMG_4194.JPG


とりあえずリニューアルの目玉、地域のお祭りを意識したメニューの中から、第二の故郷のものをオーダー。

IMG_4199.JPG


七夕をイメージしたようですが、、、色んな具材が乗っているのはいいですね。
ただ、、、、想像以上に小さい!
醤油皿程度の大きさしかなく、これでこの値段は、、、正直受け入れがたいです。

他には、相盛りなどの工夫は感じられました。

IMG_4201.JPG


IMG_4202.JPG


定番ネタも以前の激悪のイメージは払しょくできました。

IMG_4200.JPG


とは言え、これでやっとスシロー/くら寿司レベルになったかどうか、というもの。

寿司ネタは努力していると感じられますが、さらにもう一歩ってとこですかね。
108円均一ではなく、高いものも揃えはじめているのですから、値段相当の、いやそれ以上のインパクトが欲しいですね。

値段と言えば、こちらも。

IMG_4203.JPG


まぐろのあら汁、とのことですが

・野菜が全く入っていない
・生臭い

これなら普通にあさり汁のほうがよかったです。

ここのお店だけかも知れませんが、盛付けに気を配っていないのもどうかと感じました。
ネタがシャリからずれているものがぐるぐる回っている、そんなのを見せられると

「まだまだだなぁ」

と感じてしまいます。


「回転すし」を英語で言えますか?
デイビッド・セイン
アスコム
売り上げランキング: 608,167

posted by まるし at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする